何か面白いことはないか?

段々、サイトが充実してきたような感じです。まあ、同系統の算数の問題が山ほどあるということなんですがね。

やがて、算数の問題も作るのに飽きる日が来るでしょう。その時に何をするかですね。

・・・私には、自分でやる気はないけれども、色々なことをしたのでノウハウがあるものがあります。塾の経営とか・・・まあ、塾など大したことはないのですが・・・大手の塾にいた関係と、そこで情報処理システムの構築をやったことで、ずいぶんと沢山のノウハウを得ました。

1学年およそ3000人程度の毎週のテスト・・・教師も、問題作成も・・・情報処理ではテストの処理も・・・まあ、採点は別部門でしたが、データ処理はしました。

合不合判定テストの類も、テスト作成から・・・最終処理まで携わったことになります。偏差値などのランク付けなども、そして、どのように判定するか?そういったものもですね。

経理処理もしました。いわゆる顧客管理と会計ですね。未収処理の部門も情報処理の部屋でやっていましたから・・・口上も・・・

大手でしたので、フランチャイズシステムの立ち上げから見ていましたから・・・何しろ総務の隣の部屋で処理していましたから・・・会社会計で必要なデータなども出していましたね。

このノウハウが生かせる仕事は・・・多分無いでしょう・・・まあ、大手の塾に勤めるとしても・・・じゃあ、どうするか?公開しちゃいましょか?なんって思うわけです。

もちろん、過去に構築したシステムとは別に、一から構築しなおして、より良いものを・・・なんってね。情報処理を教えるのも面白いかもしれません。

まあ、100人も生徒がいると色々と業務もありますから、数名の講師を使っている塾などを対象としたシステムなど面白いかな?なんってね。

一応、以前扱っていたデータベースでは・・・30万人のデータを扱っていましたが・・・ふつうのPCでしたね。あのシステム・・・どこぞの会社の見積もりでは随分と高価なシステムでしたっけ。

テスト処理と顧客管理・・・販売アイテム数が多かったので、数千万の見積もりでしたっけ・・・さて、ちょっと、古い資料でも引っ張りでして、入金・テスト処理・振替などの統合化システムを考えるのも面白いかもしれません。

何しろ、こういった業務用のシステムって・・・どうやって構築を学ぶのでしょうか?私は、別段学びませんでしたが・・・ちょっと気になりますね。ただ、業務用のシステムを構築できるソフトウエアは、かなり安価なものです。

私が構築したとき、秋葉原のジャンク屋で1200円で買ってきたソフトが母体でしたからね。それで、三千数百人から現金を二億円ちょっと振替をするシステムを構築しましたから・・・

なんとなく、心=能力は無限の資産なんだと思います。それは無駄遣いしなければという条件があるのでしょう。私にとっては無用なものですが・・・ちょっと、半ば冗談で作成して、使う人がいて、それを活用し、発展させることができるのなら・・・それは、私の持っている能力を開花させてくれることになるのでしょうから・・・悪くないかもしれません。

ビジネスの世界で生きずに、ソフィストとして生きる私のできることは、そのぐらいのことなんでしょう。
2007.12.13

  

inserted by FC2 system